みちたろう院長の日記 VOL.409



こんにちは!
飯田デンタルオフィス、院長の飯田です。

日曜日は東京に行ってきました。
デンタルヘルスアソシエート(相田化学工業)が主催する、
若手歯科医師向けセミナーの講師のお仕事でした。

臨床をもっと楽しみたい若手勤務医や、開業したばかりの歯科医師を対象とした、
年9回のコースです。

コロナの影響で今まで延期になっていたのですが、再開されました。
始まってから間もないコースですが、ありがたいことに来期もほぼ満席のようです。



かれこれ20年以上お世話になっている、てんとう虫スタディグループ。
毎月一回。第三木曜日に症例検討会をおこなっています。

「歯周治療をベースとした補綴治療」を基本とし、
患者さんに寄り添った喜ばれる歯科治療を実践している臨床家の集まりです。

本コースはスタディーグループ所属の先生方が、講師陣を務めます。
光栄なことに、僕もその一人となっています。

相方の畑中先生と僕のコース担当は「歯周外科処置」
午前中は講義で、午後は豚顎を使った実習です。

目的によって変わる外科の手技。
手術に必要とされる基本的な切開や縫合を繰り返し練習します。



本来ですと、コース終了後に懇親会があるのですが、
コロナ対策という事で中止になっています。

それでも講師の慰労会ということで・・・


上野駅近くの高架下の焼き鳥屋に行きました。

東南アジアの屋台村のような喧噪のなか、
高い湿度と気温のおかげで、ビールがすすみました!

さすがにマスクを着けている人がほとんどですが、
世の中はコロナ前の状況に戻りつつあるようです。

お酒に酔って、人に酔って、無事に帰宅いたしました。
湘南の夜風がいつもより心地よく感じた日曜日となりました。