みちたろう院長の日記 VOL.360



新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年は、日本口腔インプラント学会専門医の認定を受けました。
あわせて、有床義歯学会認定医の認定も受けました。

「インプラント」と「入れ歯」という相対する治療。
どちらの治療方法にもメリットとデメリットがあります。

義歯を使ってみたが、どうしても馴染めません!という方で、
インプラント治療の特性が、最大限に発揮される条件の場合、
患者様の年齢やご希望と、少し先の未来を見ながら、
インプラント治療をおこなっています。

先日、東京の歯医者さんで「抜歯をしてインプラントにしましょう。」
・・・と言われたが、その治療方針を疑問に思い、当医院に相談をしてくださった患者様。
それなりに処置を施せば、保存できると僕は判断をしました。

抜歯を選択する前に、諦めないで歯の保存治療を試みたり、
親知らずが余っていたら、歯の移植で義歯やインプラントを避けることもできます。

最近はテレビのCMや、街道脇の看板などでも、
年間1000本のインプラント実績!なんて広告を目にします。

歯を抜いてインプラント!ではなく、
まずは、できるだけその歯の保存を試みる。
試みても結果が出ないケースもございますが、抜歯はいつでも選択できると思います。
インプラント以外にも治療の選択肢はございます。

学会専門医の認定を受けましたが、
僕は決してブラックジャックのようなゴッドハンドでございません。

しなければいけないこと
したほうがいいこと
してもいいこと
しなくてもいいこと
しないほうがいいこと
してはいけないこと

このあたりの判断基準を理解しているのか?なのだと思います。

今年は・・・
若手歯科医師向けコースの講師を任されました。
学術大会の実行委員長も任されました。

患者様やスタッフへ向けてだけではなく、医院外においても。
正しい事を、正しく伝えて、みんなが満足のいく結果を得られるように!
今年もがんばります!!

       

みちたろう院長の日記 VOL.359



こんにちは!
飯田デンタルオフィス、院長の飯田です。

クリスマスも終わり、今年もあと1週間足らず。
年賀状を出したり、お正月の準備でバタバタしますね。
当院も12/27(木)午前中で今年の診療を終え、午後は大掃除です。

今年もいろいろありましたが・・・
この年末、我が家にとって一生忘れることのできない出来事がありました。
前回投稿したブログから4日後のこと。

子供達を学校や幼稚園に送り出したあと、妻が愛犬デヴィのお散歩をしたあとでした。
急にデヴィの呼吸が乱れはじめ、犬猫病院へと搬送。
すぐに来てください!と、僕も病院に呼ばれました。

そのまま息を引き取り、天国へと旅立ったデヴィ。

僕のお腹の上にデヴィが乗って、二人でお昼寝をするのが、いつものスタイル。
いつもと違うのは、デヴィが寝息をたてていないこと。
その日のお昼寝は、黄昏時までゆったりとした時間を過ごさせていただきました。

薄くなってゆく肉球の匂い・・・
冷たくなってゆく身体・・・

突然のお別れが心残りではあるけれど、安らかに眠ってね。
お世話になった沢山の方々から、メッセージや花束が届きました。

家族だけではなく、周りからも愛されていたデヴィ。

今までありがとうね。
これからは天国から見守っていてね。

残念なご報告となってしまいましたが、
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えくださいませ。


みちたろう院長の日記 VOL.358





こんにちは!
飯田デンタルオフィス、院長の飯田です。

今年も残すところ約2週間。
このところ、寒々した曇り空や雨の日が多かったですね。
今日は久しぶりに晴れ、太陽がとてもまぶしく感じます。

先週の中ごろからでした。
我が家の愛犬デヴィの様子がおかしい。
お水をやたらと飲み、たくさんオシッコをする。

朝から晩まで、数時間おきにそんな様子。
かかりつけの犬猫病院で、診てもらうことにしました。
どうやら内臓がおかしいらしく、精密検査が必要とのこと。

日大の動物病院に検査入院することになりました。
全身麻酔をかけてCTと内視鏡と病理組織検査。

診断は「リンパ腫」でした。

部位と転移により手術は不可能とのこと。
余命は3か月とのこと。

あまりに突然の事態と、受け入れがたい現実でした。
デヴィの命の時間は伸ばしようがなく、残された時間をどう過ごすか・・・。

デヴィが我が家にやってきたのは、2007年の夏でした。
http://iida-d.com/date/2007/page/3

僕と妻の結婚式。
長女が生まれ。
長男が生まれ。
次女が生まれ。

我が家の大切な家族となってから、11年と7ヵ月。
ずっと一緒に家族として、毎日を過ごしてきた。

だから・・・いつもどおりの生活が送れるように、弱めの抗がん剤治療をお願いしました。

いつもどおりの自宅で、家族みんなで過ごす時間を、大切にします。
いやでも訪れる、お別れのときまで。

僕の命の時間を、デヴィにおすそ分けできればいいのに・・・。
そんな文章を書いているだけで、涙が出てきてしまいます。