みちたろう院長の日記 VOL.412



こんにちは!
飯田デンタルオフィス、院長の飯田です。

本日から日本付近は強い冬型の気圧配置となり強烈な寒波が流れ込んでいる模様ですね。
「十年に一度クラス」とか「近年で最強」などとニュースで報道されていて、関東南部でも積雪があるかも?とのこと。
先ほど窓の外に雪がチラつき、子供たちは喜んでいましたが・・・僕もちょっとだけワクワクしています。

さて・・・

本年最初のブログは、歯科衛生士の浦野さんが文章を綴ってくれました。
院長がサボり気味なので、気を遣ってくれたようです。



こんにちは。久しぶりにブログを書かせて頂いております歯科衛生士の浦野です。

去年11月20日、辻堂に歯科衛生士の土屋和子先生が湘南に講演に来て下さいました!
土屋和子先生は海外の歯科医師の元で勉強をなさっておりましたスーパー衛生士さんです。

お昼を挟む長いセミナーでしたが、お話しがとっても面白くどんどん引き込まれていきました!!
個人的に私が一番心に刺さったお話というか、ドキッとさせられたお話をします。

「患者さんの歯石を除去している時に歯肉(歯茎)の中から黒い歯石が出てきたら、ワクワクしない⁉️衛生士なら黒い歯石が出てきたら取りたくてたまらないでしょ⁉️」と言われました。

黒い歯石というのは、歯茎の中につく歯石で歯石があることにより、汚れがどんどん歯茎の中に入り込んできて歯周病を悪化させる原因となります。

土屋先生の言葉を聞いて私は最近ワクワクしながら仕事をしてるだろうか、、、と考えさせられました。
セミナー後、モヤモヤした気持ちを抱えながら毎日仕事をしていました。

そんな時に歯磨き指導をさせて頂いた患者さんがいました。
しかしその方は軽い認知症があるので、アドバイスを申し上げても難しいかもしれないと思い込んで歯磨き指導を何回か躊躇していました。

しかし思い込みを捨て、思いきってアドバイスしてみました。
すると、次にいらした時にはとってもキレイに磨けていました。

「今日はとってもキレイですよ!!」とお話しした所「うれしいわ!やさしく教えて頂いたおかげよ」と言って頂きました。
さらにはデンタルフロスを指導させて頂いた別の患者さんには「やった!上手にできるとうれしいですね!」と言って下さいました。

また別の患者さんは歯の裏側に汚れが多かったので「裏側から磨いてみたらいかがでしょうか?」と申し上げた所、「それは目からウロコでした!!」と言って頂きました。
今でも裏側をピカピカに磨いて下さっています!

患者さんが嬉しそうだとこちらも嬉しいのです!
私は、こうやって患者さんと喜びを共有することで仕事を楽しんでいるんだと再確認できました!

これだからやっぱり歯科衛生士はやめられない!!
いつも患者さんからそう教わりながら私達歯科衛生士は成長しています。

土屋先生の講義は時間が過ぎるのがあっという間でもっと聞きたい!!と思いました!
また来て下さることを願っております!